交通量調査

交通量調査

新たな道路計画や交差点改良を行う上では、交通量調査は欠かせない調査項目です。現在の交通状況やその台数を把握することで、道路構造に必要な車線数や幅員を決定いたします。調査は、人による調査、機械観測(トラフィックカウンター等)による調査、またビデオカメラを設置した交通状況調査や分析など、目的に応じた調査を行い様々な道路計画のニーズに応えます。

平成23年度鹿児島国道管内高速無料化社会実験効果調査業務

【発注者】

国土交通省 九州地方整備局 鹿児島国道事務所

【業務場所】

鹿児島国道事務所管内

【業務概要】

平成22年度より行われていた高速道路無料化社会実験がもたらす周辺道路交通量の変動を把握するため、交通量調査等の各種道路調査を行うものです。可搬型交通量計測機械を用いた定期観測を行いました。

平成23年度 北九州国道管内交通状況調査業務

【発注者】

国土交通省 九州地方整備局 北九州国道事務所

【業務場所】

北九州国道事務所管内

【業務概要】

平成22年度より行われていた高速道路無料化社会実験がもたらす周辺道路交通量の変動を把握するため、交通量調査等の各種道路調査を行うものです。24時間人手観測と可搬型交通量計測機械観測を行いました。

業務実績はこちら